お役立ち情報バックナンバー

【主な業務地域】
北九州市を中心とした福岡県北部

お役立ち情報バックナンバー

2020/12/29(火)

登記・測量のQ&A NO.288「登記できない建物」

■■■■登記の牧田 お役立ち情報「登記・測量のQ&A」■■■■

土地家屋調査士の牧田一秀(まきたかずひで)です。

いつもご愛読いただきありがとうございます。

弊社は本日の午前中をもって仕事納めとなります。

2020年は新しい出逢いがあり、また、少し疎遠になってきたなんてこともありました。

その都度、笑ったり、悩んだり……一喜一憂。

「出会いは偶然な必然、そして別れは選択」

周りに起きるすべての出来事は、自分が源なのですね。

メルマガを読んでくださった皆さま。
今年もお付合いありがとうございました。

それでは良いお年をお迎えください!
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
このメールは私と名刺交換していただいた方、私のホームページからお役立ち情報をお申し込みいただいた方に、身近な事例として登記測量に役立つメッセージをお届けしております。
http://www.to-ki.jp/makita/

配信の申込み・変更・解除はこちらです。
http://www.to-ki.jp/makita/info.asp


読者の皆様からの要望にお答えし「登記・測量のQ&A」をお届けしております。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆登記・測量のQ&A 第288号
「登記できない建物」
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
前回は、「床面積に含まれない部分」について概要をお話しました。
今回は、「登記できない建物」について概要をお話しします。


問い
------------------------------------------------------------------
ビニールハウスは登記できないと聞いたのですが、どのような理由で登記できないのでしょうか?


答え
────────────────────────────────
建物として登記するためには、満たさなければならない要件があります。
登記の対象となる建物の要件とは、次のようなものです。

(1)屋根および周壁などで外気を分断できること。
(2)土地に固定されていて容易に移動できないこと。
(3)永続的に使用できること。
(4)その建物の目的とする用途に使える状態にあること。
(5)独立した不動産として取引対象となりうるものであること。

これらを全て満足しなければ、建物として登記できません。

ビニールハウスの場合、屋根や周壁の部分がビニールで覆われているだけですから、耐久性に乏しく永続性にも欠けますので、登記できないのです。

しかし、屋根や周囲にガラスまたはガラス質の板がはめ込まれているような場合は、建物として認められる場合があります。

その他、登記の対象とはならない建物には次のようなものがあります。

・コンクリートブロックの上に設置された組み立て式の物置
 容易に移動できるので、定着性があるとは言えず登記できません。

・工事現場に設置されているプレハブの事務所や作業宿舎
 工事終了後に取り壊すことが予定されているので、永続性に欠けます。
 また、丸太杭の上に土台を置いて、鎹(かすがい)で固定しただけのプレハブ建物は、定着しているとはいえないので登記できません。

・住宅展示場のモデルハウス
 これも展示期間が終了すれば取り壊されますので、永続性に欠け、登記できません。

・建築途中の建物
 建築途中の建物は、その目的とする用途に使える状態にありませんので登記できません(建物が完成すれば登記できます)。


以上、「登記できない建物」について簡単にご紹介しましたが、実際には、建物として登記できるかどうかの判断は、非常に難しい場合があります。詳しくお知りになりたい場合は、お近くの土地家屋調査士にご相談ください。

今回はここまでです。
次回は「主たる建物と附属建物」について配信する予定です。

どのような内容なのか、楽しみにお待ち下さい。

────────────────────────────────

私達、土地家屋調査士は市民生活と密接に関係する土地・建物について、登記・測量の分野で深く関わっております。

ご質問、ご相談は、土地家屋調査士事務所をご活用下さい。

お電話又はホームページからご連絡いただきますと無料でご相談をお受けしております。ただし、法務局等の調査が必要な場合は、登記印紙などの実費は有料となります。(実費はおおむね5千円〜1万円程度です)
http://www.to-ki.jp/makita/

ただし、北九州市を中心とした福岡県北部に限定させていただきますのでよろしくお願いします。

【発行所】
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━┓土地を識り、人と社会につくす地識人
┃\_/┃〜境界測量・土地建物登記の専門家〜 
┗━━━┛マキタ不動産登記事務所
┃ ___________________________
┃|
┃|〒802-0983 福岡県北九州市小倉南区志徳一丁目1-26-506
┃|TEL:093-961-5622 FAX:093-961-5770
┃|土地家屋調査士 牧田 一秀
┃|e-mail makita@to-ki.jp
┃|http://www.to-ki.jp/makita/

バックナンバーリスト

2022/01/17(月) 登記・測量のQ&A NO.300「建物を合体した時」
2022/01/06(木) 登記・測量のQ&A NO.299「建物を区分したい時」
2021/12/27(月) 登記・測量のQ&A NO.298「建物を合併したい時」
2021/12/13(月) 登記・測量のQ&A NO.297「建物を分割したい時」
2021/09/01(水) 登記・測量のQ&A NO.296「建物を取り壊した時」
2021/03/24(水) 登記・測量のQ&A NO.295「建物を増築・改築した時」
2021/03/09(火) 登記・測量のQ&A NO.294「建物を新築した時」
2021/02/25(木) 登記・測量のQ&A NO.293「建物の家屋番号」
2021/02/04(木) 登記・測量のQ&A NO.292「建物の種類」
2021/01/27(水) 登記・測量のQ&A NO.291「敷地権」
2021/01/20(水) 登記・測量のQ&A NO.290「区分建物」
2021/01/06(水) 登記・測量のQ&A NO.289「主である建物と附属建物」
2020/12/29(火) 登記・測量のQ&A NO.288「登記できない建物」
2020/12/21(月) 登記・測量のQ&A NO.287「床面積に含まれない部分」
2020/12/08(火) 登記・測量のQ&A NO.286「建物の床面積」
2020/12/02(水) 登記・測量のQ&A NO.285「建物の構造」
2020/11/24(火) 登記・測量のQ&A NO.284「建物の種類」
2020/11/04(水) 登記・測量のQ&A NO.283「住居表示」
2020/10/28(水) 登記・測量のQ&A NO.282「法定外公共物」
2020/10/20(火) 登記・測量のQ&A NO.281「不完全な位置指定道路」

総数:424件 (全22頁)

 1 2 3 4 >>| 次20件