お役立ち情報バックナンバー

【主な業務地域】
北九州市を中心とした福岡県北部

お役立ち情報バックナンバー

2020/10/20(火)

登記・測量のQ&A NO.281「不完全な位置指定道路」

■■■■登記の牧田 お役立ち情報「登記・測量のQ&A」■■■■

土地家屋調査士の牧田一秀(まきたかずひで)です。

いつもご愛読いただきありがとうございます。

宮地嶽神社の「光りの道」
見たことありますか?

昨日のテレビ中継では太陽が沈む瞬間、雲にかかり残念ながら見ることができなかったようです。

太陽と参道が一直線になるのは、2月と10月のそれぞれ一週間程度と非常に短い期間。

一度は見てみたい絶景です!

(宮地嶽神社HP)
http://www.miyajidake.or.jp/

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
このメールは私と名刺交換していただいた方、私のホームページからお役立ち情報をお申し込みいただいた方に、身近な事例として登記測量に役立つメッセージをお届けしております。
http://www.to-ki.jp/makita/

配信の申込み・変更・解除はこちらです。
http://www.to-ki.jp/makita/info.asp


読者の皆様からの要望にお答えし「登記・測量のQ&A」をお届けしております。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆登記・測量のQ&A 第281号
「不完全な位置指定道路」
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
前回は、「位置指定道路」について概要をお話しました。
今回は、「不完全な位置指定道路」について概要をお話しします。


問い
------------------------------------------------------------------
自分の土地に接する道路は「位置指定道路」なのですが、幅員が3.8mしかありません。家を建てたいのですが問題ないでしょうか。




答え
────────────────────────────────
本来なら位置指定道路は4.0m以上の幅員があるべきなのですが、こういった道路は古い街並みによく見受けられます。

何らかの事情で道路幅が足りなくなったものと思われます。

このような状態の道路を「不完全位置指定道路」と言い、このままでは建築確認が下りませんので家を建てることはできません。

この場合、住宅等を建築しようとする者は幅員4.0m以上の道路になるように復元協議(不完全位置指定道路の復元協議)が必要です。

この協議書を役所に提出することによって建物の建築が可能となります。

今回の例では、参考図のような内容になると思われます。

参考図:


手続きの流れは、おおむね次のようになります。

(1)A、D、E、F、G、及び道路の所有者と立ち会いをして、道路中心線、道路と宅地との境界線、道路後退線を決めます。

(2)立ち会いが無事終了したら、(1)で確認した内容の図面を作り、関係者から承諾印を取得し「自分の土地」に関して10cm後退する「不完全位置指定道路の復元協議」を申請します。

(3)この申請があって、新築のための建築確認に入ることができます。

ちなみに、この土地を売買するような場合(実測売買)は、売り主側が事前に不完全位置指定道路の状態を解消しておく必要があります。

また、将来にわたり自分の宅地の範囲を明確にしておくためには、この際、B、Cとも一緒に境界立会を行い、道路部分と宅地部分を分筆しておくことをお勧めします。

この分筆登記を行うと、土地の正確な面積が登記され地積測量図が法務局に備え付けられますので、現地の杭が1〜2本亡失したとしても、地積測量図のデータを使い容易に復元することができます。

また、道路部分の固定資産税は非課税となりますので節税効果も期待できます。

以上、「不完全な位置指定道路」について簡単にご紹介しました。詳しくお知りになりたい場合は、お近くの土地家屋調査士にご相談ください。


今回はここまでです。
次回は「法定外公共物」について配信する予定です。

どのような内容なのか、楽しみにお待ち下さい。

────────────────────────────────

私達、土地家屋調査士は市民生活と密接に関係する土地・建物について、登記・測量の分野で深く関わっております。

ご質問、ご相談は、土地家屋調査士事務所をご活用下さい。

お電話又はホームページからご連絡いただきますと無料でご相談をお受けしております。ただし、法務局等の調査が必要な場合は、登記印紙などの実費は有料となります。(実費はおおむね5千円〜1万円程度です)
http://www.to-ki.jp/makita/

ただし、北九州市を中心とした福岡県北部に限定させていただきますのでよろしくお願いします。

【発行所】
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━┓土地を識り、人と社会につくす地識人
┃\_/┃〜境界測量・土地建物登記の専門家〜 
┗━━━┛マキタ不動産登記事務所
┃ ___________________________
┃|
┃|〒802-0983 福岡県北九州市小倉南区志徳一丁目1-26-506
┃|TEL:093-961-5622 FAX:093-961-5770
┃|土地家屋調査士 牧田 一秀
┃|e-mail makita@to-ki.jp
┃|http://www.to-ki.jp/makita/

バックナンバーリスト

2022/01/17(月) 登記・測量のQ&A NO.300「建物を合体した時」
2022/01/06(木) 登記・測量のQ&A NO.299「建物を区分したい時」
2021/12/27(月) 登記・測量のQ&A NO.298「建物を合併したい時」
2021/12/13(月) 登記・測量のQ&A NO.297「建物を分割したい時」
2021/09/01(水) 登記・測量のQ&A NO.296「建物を取り壊した時」
2021/03/24(水) 登記・測量のQ&A NO.295「建物を増築・改築した時」
2021/03/09(火) 登記・測量のQ&A NO.294「建物を新築した時」
2021/02/25(木) 登記・測量のQ&A NO.293「建物の家屋番号」
2021/02/04(木) 登記・測量のQ&A NO.292「建物の種類」
2021/01/27(水) 登記・測量のQ&A NO.291「敷地権」
2021/01/20(水) 登記・測量のQ&A NO.290「区分建物」
2021/01/06(水) 登記・測量のQ&A NO.289「主である建物と附属建物」
2020/12/29(火) 登記・測量のQ&A NO.288「登記できない建物」
2020/12/21(月) 登記・測量のQ&A NO.287「床面積に含まれない部分」
2020/12/08(火) 登記・測量のQ&A NO.286「建物の床面積」
2020/12/02(水) 登記・測量のQ&A NO.285「建物の構造」
2020/11/24(火) 登記・測量のQ&A NO.284「建物の種類」
2020/11/04(水) 登記・測量のQ&A NO.283「住居表示」
2020/10/28(水) 登記・測量のQ&A NO.282「法定外公共物」
2020/10/20(火) 登記・測量のQ&A NO.281「不完全な位置指定道路」

総数:424件 (全22頁)

 1 2 3 4 >>| 次20件